プロレスを知らない人の疑問「プロレスってなんなの?」

おはようございます!矢後至譜です。

今日も、お会いできてうれしいです。

ようやく自己紹介という名の自己満足が終わりました。
これ意外と気持ちいいですね。
なんか映画の主人公になってる感じがしました。(笑

では、今日のテーマです。

「プロレスってなんなの?」

というお話です。

ここを読んでいただいてるみなさんは
プロレスファンの方ですか?
それともプロレスって知らない方ですか?

その辺りもぜひご意見いただきたいです。

今回はわたしの中でのプロレス観をおはなしします。
私の中でプロレスは

「格闘技」

でした。
・・・と、言うと

「あたりまえだろ?地上最強の格闘技だよ」

「いやいやwwwなにいってんのショーだよwww」

なんて意見がでそうな感じがします。
これ不思議ですよね。

K-1とかプロボクシングとか総合格闘技とかでは
絶対にでてこない両極端な意見です。

「プロ」の「ボクシング」だからプロボクシング
「プロ」の「レスリング」だからプロレスリング

のはずなんですけどね。

ただ、プロレスっていうのは格闘技である以上に
「エンターテイメント」な要素が強いスポーツです。
ここがショーだと言われる部分です。

そしてプロレスの大きな魅力になっている部分です!

プロレスはぶっちゃけ八百長です。
あ、怒らないで聞いてくください。

正直、いまのファンで真剣勝負だって思ってる人は
少ないんじゃないかな?と勝手に思っています。
私はガチで真剣勝負だって思ってました。

でも、普通に考えてロープに振られたら戻ってくる
(実際にロープに飛ぶとけっこう痛いです)
トップロープからの攻撃を下で見てるのによけない
場外へのダイビングも・・・

なんてあげていけば、納得します。

それでも見ているものを熱狂させてくれる。
それが「プロレス」なんだと、今は思っています。 

これもよく言われる話ですけど

「プロレスはレスラーの人生をたのしむんだよ」

って 

これです。
プロレスは他のスポーツ以上に「感動」と「興奮」を常に与えてくれます。
不思議ですよね。勝敗に関係なく感動できるんです。

レスラーごとにバックボーン(背景)があり、その中で
他のレスラーとの遺恨・友情なんかが語られます。
それをファンとして共有しながら楽しむことができます。

一番の魅力はそこだと今は思ってます。
それをライブで肉体をつかってみせてくれるんですから
感動しないわけがないです。

だから

プロレスサイコー!!!

って思えるんですよね。
かつて古舘アナがこう形容しました。

「肉体のライブステージ」

これですよね!!
ワクワク感はハンパないです!
あぁ、生で見に行きたくなる(笑

行ったことない人は、ぜひ生観戦してみてください。
迫力が全く違います!!

そういえば1月4日は新日本プロレスの一大イベント
東京ドーム大会ですね。
参戦される方が、とてもうらやましいです。

それでは今日はこのくらいで終わります。
ではみなさん良いお年を!

感想やご意見をおねがいします。
たとえば

「自分にとってプロレスって◯◯だよ」
「ファンとして◯◯な人は嫌だ(好きだ)」
「一緒に観戦しに行く人が居ないんですよ」
「一緒に練習する相手がいないんです」

なんて一言でも構いません。
しっかり読んで参考にさせていただきます。
質問ありがたいですちゃんと回答します。