あなたにとっての プロレス とはなにか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

連日、甘い物ばかりを食べているので

ちょっとウエスト周りがヤバいかな?

ということで抑えました!

 

 

 

 

カロリーは友達!

 

矢後です

 

最近は 新日本プロレス 人気が急上昇しているおかで

新しいファン層が増えてきました!

と、同時にオールドファンも私のように戻って来ています

 

いい傾向ですねぇ( ´∀`)

 

ただ、手放しで喜べない部分があるのも事実です

 

目次

偏見と闘うプロレス         

まずは、この記事

 

 

若干、内容に悪意を感じなくもないですね

確かに怪我が続いていますが、それはたまたまです

新日本プロレス のレスラーが練習を怠ったりするわけがないです

 

 

しかも新日本プロレス がむやみやたらと

危険な技の応酬をしているわけではありませんし

放置しているわけでもありません

 

世の中には「1メートルは一命取る」なんて言葉があるそうです

わずか1メートルでも人間は命を落としてしまう可能性がある

 

つまりは、本当に安全というのはありえないと、いうことです

柴田勝頼 選手に至ってはキッカケになった技は「頭突き」ですからね

技でも何でもないですわ(笑

 

中邑真輔 選手も余計なコメントしてくれたもんです

もしかしたら「させられた」のかもしれないですけどね

正直言ってしまえば、デスマッチの方がよっぽど危ないわけですよ

 

それでもそっちには批判が向かない

これも 新日本プロレス が業界でも目立つ存在になったという事でしょうね

あんまり熱くなりすぎないようにして欲しいものです

 

さて、「熱くなりすぎる」と言えばタイトルにした話題です

こればっかりはプロレスファン一生の命題でもあります

私の持論として、プロレスは全てにおいて

 

「自由」です

 

その象徴が5カウントルールだと思ってます

他のスポーツや格闘技でこんなルールありませんものね(笑

このルールは見る側に暗黙の了解として「自由」を宣言しています

 

見るのも自由、見ないのも自由

どの選手や団体を好きになるのも自由

どのスタイルを好きになるのも自由

どういう観戦方法をとるのかさえも自由です(マナーは大事!)

 

まぁ、そんなこんなで千差万別の楽しみ方が出てくるわけです

そうなると、その好みの違いから衝突が生まれます

野球やサッカーでも対戦チームのファン同士でのいざこざってありますよね

 

プロレスはこれが「個人レベル」で発生します

正直、めちゃめちゃメンドくさいです(笑

 

やれ、○○選手が昔と変わって嫌だ!

やれ、私の○○選手をイジメるアイツは嫌いだ!

やれ、この団体が最高で他はゴミだ!

やれ、最近のプロレスは本物じゃない!

 

などなどです

ただ、私はこの考えはあって当たり前だと思います

 

プロレスは自由          

 

プロレスって自由なんです、わかりますか?

まぁ自分の考え方を誰かに押し付けるのも自由っちゃ自由ですが

自分がやられたら嫌ですよねコレw

 

自由ではありますけど、そこは「常識の範疇で」ってことです

常識がわからない人はこう考えてください

 

「自分がそれをやられてうれしいか?」

 

さっきもちょっと書いた不満を当てはめます

あなたはもう分かってるかもしれませんけどね

 

今の○○選手のファンになったのに文句言わないで!

ヒールらしい試合運びでスカッとするのにわからないの?

自分が好きな団体なのになんで、あなたが文句言うの?

昔のカビ臭いプロレスなんて興味ないんだけど?

 

と、なりますね

もし、常識の基準がわからなかった人はこういう考え方しましょう

楽しみ方は千差万別です、どんな楽しみ方をしても結構!

ただし、常識の範疇で!です

 

まぁ、なんでこんな話をしてるかというと

プロレスも「ナマ」に限る! Road to レスリングどんたく 2017/04/22 観戦記

のなかでもちょこっと書いたんですが、超久々の生観戦でワクワク感満載で見てたのに

私のお隣にですね、この常識の欠けまくった、鏡モチが来たんですよ

 

あまりプロレスに詳しくなさそうな若い女性を連れて

 

はい、ここ大事です!試験に出ます!(出ません

カンのいい人は、もう分かりますよね(笑

 

「あー、コイツ絶対いいカッコしたいんだな」

 

ってことです

最近は若い女性がプロレスに興味を持ち始めてますね

なので、こういうナンパ目的に使われるわけですよ

 

もちろんそれも「自由」なんで、文句は言いません

「常識の範疇」ならな!(笑

 

ここは私のブログなので全力で文句言います

気分が悪くなるようでしたら、ここで読むのをやめた方がいいです

 

———ここから危険地帯———     

 

さて、始めますよ?

 

まず、このオヤジですが、かつて有名な選手と関わったことがあるようです

それを先ず自慢してます

さらには「○○選手はワンパターンなんだよなぁ」だとか「この選手はここに出るレベルじゃないんだよなぁ」や「昭和のプロレスはもっと迫力あったんだよねぇ」などと能書きを垂れ始めます

 

気分悪いですよね?私はもう半分キレてます(笑

さらにこのオヤジはめんどくさい事を始めます

 

ある選手の入場シーン、曲が流れると「この曲いいよね!ほらここ!たーらーらー♪」口ずさみ始めました

もう、この辺でKRしてやろうかと思いました

 

さ・ら・に!コイツは追い討ちかけます

「でもねぇ○○選手(昭和の名レスラー)のほうかっこいいんだよねぇこれはねぇ たーらーらー♪

おい!もう次の選手が入場するんだけどさ(怒

しかも、Youtubeでその選手の入場曲を検索し、女性に聞かせます

 

かなーりピリピリきましたね

 

そして、最後の追い討ちです

「この選手のはさぁ最初○○(名レスラー)の弟子になってさ、そのあとにXX選手(名レスラー)の下についたんだよねぇ。意味わかんないよねぇ しかも体小さいしダメだよねw」

 

はいもうこれは私より、私の前に座ってた女性が切れそうな顔で睨みました

実はこの選手のファンで入場時から声援を送ってたんですよ

そりゃキレますわね

 

この非常識オヤジはそんな視線を無視して、その後もずーっと能書きを垂れ続けました

しかも「間違った情報」です(笑

さっきの選手の遍歴は完全に逆に覚えてましたね

 

そんな風だから最終的に連れの女性もあきれたようで完全に無視されてましたね

 

どうですか?

 

こんなのが隣で試合中ずーっとしゃべってたら楽しめますか?

わたしは楽しめませんね。わざとデカい声で声援送ってかき消しましたよ(笑

 

つまりなにか相手に意見を伝える時は

そこを考えて伝えましょうねってことです

これはSNS上でも同じですからね

 

 某D社の広告でこんなものがあります

 

「その投稿、紙に書いて玄関ドアに貼れますか?」

 

他人の悪口を玄関の表にはるような頭の悪い人はいません

プロレスは意見を戦わせるのが楽しみのひとつですけど、相手が嫌がってたらやめる

この気持ちが大事ですからね

 

それさえ分かっていればあとは「自由」です

自由なプロレスをもっと楽しみましょう!

私のブログを見てくれているあなたは分かってくれると信じます

 

それでは! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールマガジンを発行しています。

 

 

 

*メールアドレス

毎日20時 にメルマガをお送りします!


公式メールマガジン

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*