【新日本プロレス ワールド】NEW JAPAN CUP 決勝戦!2017/03/20 【観戦 記】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

さぁNEW JAPAN CUP 優勝戦です!

勝つのはどっちだ!そして勝者の牙はどの王者に向けられるのか?

今後の流れを予想するためにもとても大事な一戦になります!

 

 

NEW JAPAN CUP 優勝戦

バットラック・ファレ vs 柴田勝頼 

終わってみればNJC自体思った以上にド安定な結果になった感じでした。

そして、その後の挑戦表明も王道なものでした。

サプライズ的なものが殆どない割にいい感じに盛り上がりを見せたのは

 

「新日本プロレスの勝利」

 

という他ないです。

優勝した柴田勝頼 選手もあのメンバーで見てみれば、

鈴木みのる 選手に勝った時点で決まったと感じてもいいくらいです。

 

それをマッチメイクのやり方でEVIL 選手や石井智宏 選手に注目があつまり

結果として大本命であるはずの柴田勝頼 選手をうまく隠していました。

本当にお見事です!心から楽しませてもらいました。

 

そして、柴田勝頼 選手はというと タイプの違う3選手をキレイに破っていき決勝まで到達

最後も全くタイプの違うファレ選手を退け優勝してしまいました。

そして、どの試合も「柴田らしら」が全開で熱く魂に響いてくる試合でしたよね。

 

さすがは、ケニー・オメガ選手と並ぶ「ベストバウト製造機」なだけはあります。

相手の技を限界まで受けておきながら(さすがにバッドラックフォールは受けませんでしたが)

最後は納得のPKできっちりと勝利しました。

 

試合の内容は観た方が絶対的に伝わるので新日本プロレスワールドで観てほしいです。

わたし的に一番サプライズだったのはファレ選手の入場シーンかな?(笑

 

そして、ファンが全員気になっていた挑戦するベルトですが、

柴田選手が試合後に叫んだ名前は

 

オカダ・カズチカ 選手(本人は出てきませんでしたけど)

 

やはりというか当然の結果というかIWGPヘビー級王座への挑戦表明でした。

なんでも数年前の約束があったとかで挑戦するんだそうです。

約束?って思って調べてみました

 

2014年2月11日(火)に開催された NEW BEGINNING 大阪大会の話だそうです。

IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ vs 後藤洋央紀 戦の試合後に起きた内容

マイクでオカダ 選手が

「柴田さん、このベルトに興味あるんですか?挑戦したいんだったら、3月のNEW JAPAN CUPで優勝してから来い。俺と向き合えば挑戦できる?そんな甘くない。そして柴田さんに興味は、特にありません。」

と煽ったようなんです。

このことを「約束」と表現しているようですね。

 

なんとも柴田 選手らしいこだわりですね。

これで現在無冠の柴田勝頼 選手とIWGP王者 オカダ・カズチカ 選手のストーリーが

4/9両国国技館まで続くことになります。

 

外れた試合にはならないでしょうが、今回に限っては「結果」がとても気になります。

 

・オカダ・カズチカ 勝利でこのままの路線を勧める

・柴田勝頼 勝利で方向性が変わってくる

 

海外戦略の本格始動も近くなってきました。

はたして新日本プロレスはどっちの路線で海外へ打って出るんでしょうか?

それを予測することができるかもしれないですね。

 

ちなみに今日の生中継に柴田選手が出演するそうです。

柴田選手が何を語ってくれるのか気になります。

 


1回戦から本命視されていた選手が消える波乱があったり、フィニッシュムーブへ賛否が出たり

NEW JAPAN CUPのあり方について選手、ファンの奏法から意見が絶えなかったりと結果として

話題を常に提供してくれたシリーズになり、かなり楽しませてくれました。

 

こういうのを狙ってやってるのであれば、企画力ハンパないなと思います。

そうじゃなくてもそれができる新日本プロレスはやっぱり勢いが違うんだなと実感しました。

 

次は Road to SAKURA GENESIS 2017 からの SAKURA GENESIS 2017 両国決戦ですね。

今回選ばれなかったNEVER無差別級、IWGPインターコンチネンタル この2王座の扱いも気になります。

IWGPジュニアタッグとIWGPジュニアの動向も気になります。

 

また我々ファンをいい意味であざむいて楽しませてほしいと思います。

それでは!

メールマガジンを発行しています。

 

 

 

*メールアドレス

毎日20時 にメルマガをお送りします!


公式メールマガジン

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*