【我思うゆえに我あり】赤ん坊はかわいいですね【2017/03/16】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日、わたしが参加しているグループの方に

お子さんが誕生しました!元気な男の子です。

 

 

 

 

 

 

そういえば、昔から生まれる子供に向けた言葉は色々ありますね。

 

・小さく産んで大きく育てる

・一姫二太郎

・子は鎹(かすがい)

 

などです。

この方はすでに娘さんがいらっしゃって、第二子になります。

 

おや?

 

このパターンの言葉と言えば

 

一姫二太郎

 

ですね。

これの由来をあなたは分かりますか?

実はわたしもボンヤリとしか知りません。

 

なので、調べました!!

【意味】

「子を持つなら、1番目は女の子、

       2番目は男の子が良い。」

(出典:語源由来辞典

 

と、いう意味です!

女の子1人に男の子がタッグで挑むとか思ってませんでしたか?

わたしはギリ大丈夫でした。

 

ホントですよ。( ̄▽ ̄;)

 

まぁ男子タッグ相手でも、

「女子プロ界 最強の男!ミスター女子プロレス」

と名高い 神取 忍選手なら何とかしそうですが、違いますよ(笑

 

 

 

 

 

 

 

こほん、先に進みましょう。

さらにこの言葉ですが、2つの意味があるようです。

 

1)初子は跡取りとなる為、女の子であったことを慰める為

 

2)女の子は夜泣きが少なく、病気にもなりにくいのが一般的で、母親の負担が少なく、後々母親の手助けもしてくれるから

(出典:語源由来辞典

 

だそうです。

知りませんでした。

 

わたしの家は男の子1人なので真偽のほどはわかりません。

でも、確かに「お姉ちゃん」のほうが面倒見は良いですよね。

お兄ちゃんは遊んでくれるけど面倒は見ない気がします。

 

「お兄ちゃんの影響でプロレスを見始めました!」

 

は聞きますけど

 

「お姉ちゃんの影響でプロレスを見始めました!」

 

は稀なきがs・・・

あ、紫雷イオ 選手はお姉さんの影響でした。

んー、まぁそんな例外もたまにあるってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにプロレス界も姉御は面倒見が良い人が多いです。

アニキも面倒見はいいですが、ちょっと意味合いが違いますよね。

ともかく、こういう理由があるんだそうです。

 

ちなみに

女の子、男の子、男の子で生まれた時に

「うちは一姫二太郎なんですよ〜」

と、使うのは間違ってはわけではないそうなので、どっちも正解でした!

 

ほっとしました?(笑

 

結局のところ、お祝い事ではマイナスイメージの言葉は使わないって事ですね!

それにしても、やっぱり赤ちゃんはかわいいですね。

 

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールマガジンを発行しています。

 

 

 

*メールアドレス

毎日20時 にメルマガをお送りします!


公式メールマガジン

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*