企画の立ち上げに必死になっていたここ数週間ですが、なにかをやろうと思うと大変です。

そんな時に頭をもたげてくる「めんどくさい」はこまりますね。

そんなめんどくさいを克服するのに使ってる方法を紹介します。

 

「面倒くさい」

 

 

 

 

 

 

これ本当にこまった言葉ですよね。

これを使うと目の前にある困難から簡単に逃げ出せてしまいます。

そう「逃げ出せる」だけなんです。

 

ぜんぜん解決してない(笑

しかも、その後の展開は大体悪い方へ転がります。

わたしもずーーーーーーっと、これで逃げ回ってたくちです。

 

おかげでとんでもない苦労を何度も背負いました。

いまでもちょっと背負ってますけどね(笑

 

で、

 

これをなんとか言わずに済む方法ってないのかな?

って考えたんですね。

まぁ 「言わなきゃ良いじゃん」では話しが終わってしまうのでアレですけども

 

 

 

 

 

 

基本的にこれを使う人は 心の弱い人か怠け者 です。

もう断言できますね。

心の強い人や働き者 は絶対にこれ使いません。

 

使っても「面倒くさいなぁ でも、仕方ないからやるか!」ってなります。

 

なので、このワードをそのままパクりましょう。

「面倒くさいなぁ でもやるか」

です。

 

言葉は言霊 と昔から言いますが、本当に口に出してしまうと強制力が働きます。

誰も聞いていなくても、口にすることで自然とそれに従います。

不思議ですよね。

 

いま、このブログを書いているんですが、時間が朝の5時です(笑

ほぼ寝てません。

寝ちゃっても良かったんですが、記事を毎日書くことを目標にしているので書かないわけにいかない。

 

特にだれに約束しているわけではないんですからサボっても文句は言われない。

それでもこうやって眠い目をこすりながら書いてます。

くじけそうになった時には

 

「眠い・・・でも、あと少しがんばろう」

 

で、必死に乗り切ります。

乗り切れるから不思議です。

この辺の詳しい原理はちょっとわかりませんけど事実なので使ってください。

 

多分、プロレスラーがカウント2.9で肩を上げるのと同じじゃないかと

・・・あ、ちがいますか?(笑

 

まぁ、わたしがプロレスラーを目指してた時にやってたトレーニングや

遠いジムまで毎回毎回通っていた時なんかも、同じように考えていましたね。

「サボっちゃおうかな? でも、プロレスラーになりたいんだから行くか!」

って感じです。

 

順番を逆にしちゃダメですよ!

必ず「面倒くさい」のあとに「でも」です!

前の言葉を否定するので順番は大事ですよ。

 

人生にマイナスしか呼ばない「面倒くさい」を追い払って

明るく楽しく生きましょうね。

そうそう「先延ばし」という悪癖にも効果があるので使いましょう。

 

それでは!

投稿者: 矢後 至譜

1969年生まれ 大分県出身 小学校のころに見たタイガーマスクvsダイナマイト・キッド戦に衝撃をうけプロレスラーを目指すことを決意、中学から高校まで柔道部で主将をつとめあげて社会にでるとき、周囲の反対を押し切り、新日本プロレス学校へ入学、一度挫折をあじわい故郷へ帰るが、熱いプロレスラーへの夢を抑えきれずに再び上京、アニマル浜口ジムの門を叩き本格的にプロレスラーへの道を歩む。 しかし、25歳で最後のチャンスにかけていた時、トラブルに巻き込まれ頬に7針を縫うケガを負いその後に控えていた新日本プロレスの入門テストを準備が不十分なまま受けることになり、あえなく不合格になる。 「25歳までにプロレスラーになれなければ、あきらめる」と両親と約束をしていたため、やむなくプロレスラーへの夢をあきらめる 現在は、再びサラリーマンをやりながら、熱くて、ワクワクさせてくれるプロレスを、その熱量全開で伝えることで、周りの人の人生も、もっといいものにしてくれるものであることを発信中!

ディスカッションに参加

3件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です