SNSで色んなレスラーをフォローしてますけど、意外とおもしろい発信をされてるんですね。

公式アメブロをやっている 棚橋弘至 選手 や真壁刀義 選手をはじめ、新日本プロレスの選手たちは

SNS発信を会社命令ではじめています。

 

その中でも相性がよかったのか人気を博しているレスラーもおおいですね。

 

で、

 

そんな新日本プロレス所属のレスラーの発信で昨日おもしろいものをいくつか見つけました。

まずはこちら!

 

蟹になりたいね

Yohei Komatsuさん(@youheeei0625)がシェアした投稿 –


海外遠征中の小松洋平選手のInstagramです。

写っているのは、いっしょに武者修行中の田中翔 選手です。

なぜ、蟹になろうとする?(笑

 

もちろん自分が写ってるのもあります。

 

この前買ったこのジャージがお気に入りやねん。

Yohei Komatsuさん(@youheeei0625)がシェアした投稿 –

ジャージのセンスと髪型が、どことなく中国人っぽいです(笑

 

そんな中でも一番おもしろかったのはヨシタツ選手ですね。

以前からも「なぞポエム」をアップすることで有名だったそうで

 

#ヨ詩タツリターンズ #木村ひさ詩 #さと詩 #ヨ詩モン

YOSHITATSUさん(@yoshitatsuism)がシェアした投稿 –


・・・えーっとぉ

もう、当然のようにコメント欄でツッコまれてましたね(笑

どこだかわかりますか?

 

これがわかればルチャリブレ通かもしれませんね。

以前の記事でわたしが解説してた部分です。

こんなんでCMLL修行大丈夫なのか??と余計な心配をしてしまいます(笑

 

どこだか調べてみてくださいね。

 

それでは!!

 

 

(※ルチャでは男子と女子で呼び方が違います。ルチャドール=男子、ルチャドーラ=女子 ですw)

投稿者: 矢後 至譜

1969年生まれ 大分県出身 小学校のころに見たタイガーマスクvsダイナマイト・キッド戦に衝撃をうけプロレスラーを目指すことを決意、中学から高校まで柔道部で主将をつとめあげて社会にでるとき、周囲の反対を押し切り、新日本プロレス学校へ入学、一度挫折をあじわい故郷へ帰るが、熱いプロレスラーへの夢を抑えきれずに再び上京、アニマル浜口ジムの門を叩き本格的にプロレスラーへの道を歩む。 しかし、25歳で最後のチャンスにかけていた時、トラブルに巻き込まれ頬に7針を縫うケガを負いその後に控えていた新日本プロレスの入門テストを準備が不十分なまま受けることになり、あえなく不合格になる。 「25歳までにプロレスラーになれなければ、あきらめる」と両親と約束をしていたため、やむなくプロレスラーへの夢をあきらめる 現在は、再びサラリーマンをやりながら、熱くて、ワクワクさせてくれるプロレスを、その熱量全開で伝えることで、周りの人の人生も、もっといいものにしてくれるものであることを発信中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です