【プロレス人生塾】目的と目標とプロレスと【道-michi-】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自己啓発ができないワケ

(※これはメルマガ内で不定期に開催しているものをまとめたものです。)

あなたは自己啓発本というものを読んだことがありますか?

あってもなくても自分の生き方を考えたことはあるんじゃないかな?と思います。

これはいいことです。
自分を向上させようとしてるわけですからね。
で、

 

この自己啓発本なんですが、

「内容を覚えてますか?」
「実行できてますか?」

どうでしょう。
ちょっとだけ考えてみてください。


・・
・・・

どうでしょう?
読んですぐのタイミングだとしても実行できてないんじゃないですか?

「まぁ日本人には合わない内容だし・・・」
「あれは特別な能力がある人だけだし・・・」
「だって、めんどくさいし・・・」

とか、思ってませんでしたか?

わたしもそうでした(笑

全然、おかしいことじゃないです。
だって、これ全員ができてたら、世の中に貧富の差とか消えてます(笑

そもそも自己啓発本なんて無くなってますよね

で、

なんで、できないのかな?って
わたしは考えました。

理由はカンタンでしたよ。

なんだと思います?
少し考えてみてから次に進みましょう
ズルはなしです(笑

30秒くらいでいいです。
ではどうぞ


・・
・・・

さて、どうですか?
考えつきましたか?

では、わたしの考えです。

「リアリティがない」

です。
どうですか?いっしょでしたか?
どの本を読んでも結局ここなんです。

読み終わった後の感想は

これは別の国の話
自分とは関係ない世界の話

こんな風に感じてませんでしたか?
やっぱり人間って実感ができないと動けないですよ。

だ・か・ら

リアリティも持たせちゃえば実行できるんじゃないの?
という単純明快な答えに到達しました。

 

プロレスと自己啓発

分かってしまえはカンタンですが、

それを
「じゃあ、やってください」

 

って言われてもできません。
そりゃそうです。

そんなことしたことないですもんね。
で、わたしはこれを

「わたしはプロレスが好きなんだから

プロレスとして考えちゃえばリアリティがでるんじゃないか?」

と考えました。
正直、単純すぎですね(笑
ともかく、プロレスに置き換えてみようと思ったわけですよ。

では、その前に・・・
いま、自分のなかにある「欲望」を吐き出してみましょう。
いいですか?しっかり遠慮なく吐き出してくださいよ。
それが出てきたら紙に書いておくことをオススメします。

数はいくつでもいいです。
では、1分くらいでまずは行きましょう
スタート!


・・
・・・

どうですか?出てきましたか?
出てこなかったかもしれませんが、それはそれでOKです。
大事なのは「考える事」ですから

さて

答えが出た人も出なかった人も大体以下の3つのイメージが
1度は頭によぎったはずです。

・お金
・時間
・家族や友だち

メルマガでこの質問をした時に、メールでその内容を教えてくださいと伝えた所
返信をくれた方もだいたいこの3つに収まっていました。
その中のひとつを紹介すると

「僕の夢はというと、まずやっぱりお金持ちになることですね!
気にせず買い物したいし、いい服着たいし、いい車に乗りたいし、いい家に住みたいです!」

ストレートにこんな内容でした。

これでいいと思います。
わたしもそうなので(笑

だって、今の世の中なにかしようと思えば必ず「お金」が必要になります

それこそ東京ドームのロイヤルシートとかめちゃめちゃ高いでしょ?

でも、行きたいじゃないですか!
そういうことですよ。

お金儲けは悪いことじゃないですからね。

さて、話がそれました。
ともかく、そういう欲がでてくるはずです。
実はその中に目的や目標が隠れています。

 

「目的」と「目標」

では、いっしょに考えていきましょうか

そのために「目的」と「目標」の違いを
しっかりと理解する必要があります。
似てて全く違いますからね。

まずはカンタンに概要です。

「目的」・・・「ゴール」
「目標」・・・「中間地点」

これがよく自己啓発本で書かれている区分けです。

マラソンなんかに例えられたりします。
でも、あなたとわたしが好きなのはプロレスです。
早速プロレスに置き換えましょうか

なんだと思います?
10秒でいいので考えてみてください。


・・
・・・

どうです?
イメージできましたか?

わたしの考えとあなたの考えはいっしょになるでしょうか?
ワクワクしますね(笑

「目的」・・・新日本プロレスのトップになる
「目標」・・・IWGPチャンピオンになる

どうでしょうか?

もしかしたら目的がチャンピオンになったかもしれませんね。

新日本のトップIWGPチャンピオン

似ているようで実は違います。
これはわかると思います。

チャンピオンだからといって新日本のトップとは言いませんよね?

今で言えば、オカダ・カズチカ選手が新日本プロレスのトップかといえば違います。
他のベルト例えば、インターコンチネンタルには内藤哲也選手がいます。

もっといえば新日本プロレスのオーナーは木谷さんです。

新日本の実権をにぎってるのはオーナーですから木谷オーナーがトップと言えなくもないです。
すごいふわふわしてますね(笑

でも、目的ってこのレベルでいいんです。

「IWGPヘビーしか認めない!」

では新日本プロレス面白くないですよね?
でも、「トップをとる」であればジュニアでもいいし外人のトップでもいい
いぶし銀のトップでもかまわないわけです。

これは各個人の考え方次第で変わってきます。
「目的」というのはそういうものです。

人生で考えれば

「しあわせな生活をおくりたい」
「お金持ちになりたい」
「仕事をしないでも生活できるようになりたい」

これくらい、ふわっとしたものでOKです。

思いつかなければ、
「ムリに目的をもたなくてもいい」
なんて極論を教えるものもあります。

ここまで理解できましたか?
それではここは
「新日本プロレスのトップになる」
を目的としましょうか。

目的が決まったら、できるだけ明確にしたいので数値化するのがいいでしょう。
そうですねぇ・・・今回は

「IWGPヘビー級のベルトを20回防衛する」

ということにしましょうか
ちょっと具体的になりました。

新日本プロレスの至宝を20回も防衛できれば
さすがにトップと認めてもらえますよね(笑

では、「目的」が決まりました。
つぎは「目標」に移ります。

目標は中間地点

と、説明しました。
こういうのってゲームっぽくでおもしろいですね
これってどこから始めるか?でも変わります。

新弟子から?すでにレスラーになってから?

これ、いろんな道筋があると思うんですね。
入門してデビューして、トーナメントで活躍したり、ジュニアのベルトを取るかもしれません

そして実績を積み重ねて、IWGPに挑戦します。
これも1発で取れるかもしれませんし、2回3回と挑戦してやっと取れるかもしません。

そして、とったら取ったでそこから20回も防衛しなければいけないわけです。
どこで防衛戦をやるのか?だれとやるのか?

そんなことを考えてるとわくわくしませんか?

ここでとっても大事なことは

目的に到達するための道筋(目標)はいくらでもある

ということです。

そしてどの方法をとっても、最終的に目的にたどりついたらそれで良いわけです。

ここに「目的」と「目標」の違いがあります。

ここまでくれば、もううすうす感じでいるかと思いますが、

「目的」というのは揺るがないものです。
「目標」はいくらでもやり直しや変更が可能です。

どうでしょう?
人生における「目的」と「目標」の違いがいまいち曖昧だったとしても

好きなプロレス

に例えれば分かりやすかったと思います。
わかりにくかったら困るんですけどね(笑

分かりやすくなったところで、なぜ「目的」を達成できない人が多いのか?
というところに入っていきます。

あらゆる自己啓発の方法は結局、この目的をどうやって達成させるか?に注力しています。
そして、その時の勘違いに警鐘を鳴らします。

そして、残念ながら9割の人がそれに気が付きません。
というか「理解できません。」だからこそ自己啓発本がいまだに売れるんです。

わたしといっしょに考えてきたあなたであれば、もう大丈夫かな?と思います。
では、なんで達成できなくなるんでしょうね?
この謎もかんがえていきますよ。

目的を達成できないわけ

わたしの場合の「目的」は

「お金に苦労したくない」

です。

ま、こんなかんじでいいんです。
それを具体的な数字にします。

「月収1,000万円」

・・・やっぱり数字にすると俄然、現実味がでます

あなたも漠然とした目的をなにかの数字に置き換えておきましょう。


・・
・・・

できましたか?
もし具体的な数字がでないようなら、早いうちに数値化しておきましょう。

で、こんなに具体的にできる「目的」をなぜ達成できなくなるか?ですが
原因は前に伝えたように

「勘違い」

です。
何を勘違いしているか?というと、

 

本当なら、ゴールである「目的」が一番大事なのに

目の前の「目標」をクリアすることしか見ていない

ということです。
ここさえ気がつけば誰でも目的に到達できます。

だってそうでしょ?

IWGPヘビーのベルトを巻きたいのに必死になってインターコンチを狙ってる
これが間違ってるのはわかりますよね?

インターコンチに何回も挑戦できるんなら1回くらいIWGPに挑戦したっていいんです

でも、みーんなここに気が付かないんです。
プロレス的なイメージが出来た今のあなたならもう想像できると思います。

ではこれを現実の会社の問題として落とし込みますよ。

会社で今期の売上を2倍にするのが目的です。
先月までは順調で売上は2倍以上になってます。
しかし、今月はノルマにあとすこし足りません。

この時に、上司はなんというでしょう?

「あと少し足りないからなんとかして売り込め!」

じゃないですか?
これが間違ってるんです。

必死にやってきて、あと少したりない状態です。
きっと、あなたはもうヘトヘトなはず、そこへさらに頑張れと!シリを叩かれる

いやですよね。
これじゃ効率は100%あがりません。
もっと言えば、ノルマも達成できる可能性は低いです。

ここで、本来の「目的」「今期の売上アップ」であることに気がつけば、
短期の「目標」である「今月のノルマ」を気にすることはないんです。

だって、先月までの売り上げまでは順調で目的の達成には余裕があります。
ならば本来、ここでやるべきことは

「今月はよくがんばったね。おつかれさま」
「残念だけど今月のノルマに届かない原因はわかるかな?」
「では、来月に向けてどうすればいいのかな?」

という流れなんです。

これなら、あなたもやる気がでませんか?
でも、ほとんどの人がこれに気が付かないこともわかると思います。

これは先月までが足りていない場合でも同じです。
ここで原因を掴めれば、来月以降ノルマをクリアできる可能性があがりますからね。

どうです?
「なるほど!」
と思ってもらえればうれしいです。

この考え方、これからしっかり使ってくださいね。
100%いい方向に向かいます。
忙しい時、追い詰められている時ほど落ち着いて

「目的」

を思い出すようにしてください。
そうすればIWGPは目の前です!!

たまにはじっくりと人生の目的と目標を考える時間をもってください。
わたしは毎週木曜日をその日にしていますよ。

それでは!

 

メールマガジン「プロレス・スピリッツ!

登録はこちらから!!⇒ ⇒<<登録>>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*