煽りPVも公開されていてもうワクワクしかありませんね!

 

それでは、はじめます!!ゴーングっ!

 

今日の注目カードですが、これはもう

IWGP Jr HEAVY Weight Championship

 

HIROMU TAKAHASHI vs DRAGON LEE

に他なりません!なんで英語表記かは気にしないでください!!
しかも字が若干デカすぎますね(笑

 

ともかく。前々からお伝えしている通り

 

新日本プロレスジュニアは世界最高峰なんです。

 

そんなIWGP Jrヘビー級選手権試合ですから、注目しないわけに行きません。

 

王者 高橋ヒロム選手 はどんどん風格がでてきました。
一部では色気がスゴい!と話題にもなってますね。

 

一方、ドラゴン・リー選手は連日タグチジャパン(笑)と組んで
日本のマットに慣れてきています。

 

毎回、楽しそうなのが見て取れますよね。

 

そんな二人の関係はもうご存知ですよね?
もし、わからなくても新日本プロレスワールドで公開された

このPVをみていただければわかりますよ。

 

 

 ホントに毎回PVの良さに感心します。
今回スゴいのはCMLLのスペルエストレージャ達のコメントが使われてること!
これでドラゴン・リー選手の株がさらにあがりました。

 

では、今回の試合予想ですが・・・

 

 ・
・・
・・・

 

高橋ヒロム選手の勝利

 

ではないかと思います。

 

このIWGP Jr 選手権は言うなれば

 

「どうなってもプラスになる試合」

 

とわたしは思っています。

 

高橋ヒロム選手が勝てばIWGP Jr王者としての格があがります。
ドラゴン・リー選手が勝てば、自身の評価アップは確実です。
そして、どちらが負けてもIWGP Jrの評価が上がるのは間違いないです。

 

そして、一番おもしろい要素が、負けた方も評価が下がることがありえない

 

という部分です。

 

それはふたりのこれまでの戦いをみれば一目瞭然です。
こんな損得勘定なしにプロレスができる選手権試合はなかなかありません。

 

となれば、わざわざ新王者を下ろす必要はなく、ここで初防衛を成功させて、高橋ヒロム 株とIWGP Jr 株の上昇をはかるのが得策です。
なぜそう思うかというと・・・

 

このIWGP Jr 選手権試合は
 
新日本プロレスにおける 高橋ヒロム選手 vs ドラゴン・リー選手 の IWGP Jr をめぐる大いなる前哨戦でしかないということです。

 

おそらく今後もこの二人を中心に今年の新日本プロレスジュニアは動くことになります。
ネックになるのはドラゴン・リー選手がCMLLをメインにするのか新日本プロレスをメインにするのかという部分でしょうか。

 

彼のことだから両方に飛び回るんでしょうけど(笑

 

ふたりの戦いはすでに世界的にも評価が高いので、もしかしたら海外でタイトルマッチなんて話も出てくるんじゃないでしょうか?
それはそれでおもしろいかな?
なんて・・・でも、やっぱり日本でやってほしいかな?(笑

 

そんな感じで、もうすぐ試合開始です!
現地組もワールド&CS視聴組も全力で楽しみましょう!!

 

わたしの観戦記は日曜日の昼間には公開できると思います。
(今日、じつは夜勤のバイトなんですw)

 

それでは!

 

<PR>

ブログの最新情報とプロレスにおける人生論や雑学などを毎日お届けします!

メールマガジンプロレス・スピリッツ!

登録はこちらから!!⇒ ⇒<<登録>>

投稿者: 矢後 至譜

1969年生まれ 大分県出身 小学校のころに見たタイガーマスクvsダイナマイト・キッド戦に衝撃をうけプロレスラーを目指すことを決意、中学から高校まで柔道部で主将をつとめあげて社会にでるとき、周囲の反対を押し切り、新日本プロレス学校へ入学、一度挫折をあじわい故郷へ帰るが、熱いプロレスラーへの夢を抑えきれずに再び上京、アニマル浜口ジムの門を叩き本格的にプロレスラーへの道を歩む。 しかし、25歳で最後のチャンスにかけていた時、トラブルに巻き込まれ頬に7針を縫うケガを負いその後に控えていた新日本プロレスの入門テストを準備が不十分なまま受けることになり、あえなく不合格になる。 「25歳までにプロレスラーになれなければ、あきらめる」と両親と約束をしていたため、やむなくプロレスラーへの夢をあきらめる 現在は、再びサラリーマンをやりながら、熱くて、ワクワクさせてくれるプロレスを、その熱量全開で伝えることで、周りの人の人生も、もっといいものにしてくれるものであることを発信中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です