【新日本プロレス】THE NEW BEGINNING in SAPPORO その他の試合 感想 【新日本プロレスワールド】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IWGPヘビー級選手権 NEVER無差別級選手権 今大会2つのベストバウトが生まれました。

他の試合ではどうだったでしょうか?

それでは!ゴーングッ!!

 

全試合結果

第1試合 エル・デスペラード ◯ ギターラ・デ・アンヘル ☓ 川人拓来

KUSHIDA選手とヤングライオンの川人拓来 選手を従えて

鈴木軍の 金丸義信 選手 エル・デスペラード 選手 と戦います。

川人選手のはやる気持ちがガンガン空回りします。


(※さすがのKUSHDA選手です!)

 

鈴木軍の2名は若干呆れ気味でもありました。

 

それでも、ヤングライオンはこうでなければいけません!

当たって砕けて、砕け散って、そこから這い上がる

そうやって新日本プロレスの魂を全身に染み込ませていくのです。

 

中盤、返し技の連続で見せ場も作れました。

成績はあとから付いてくるのでこの気持ち忘れないで欲しいですね。

 

第2試合 永田裕志 ◯ ナガタロックⅡ ☓ 岡倫之

第3世代 永田裕志 選手 小島聡 選手 天山広吉 選手 に

HUNTER CLUB ヨシタツ 選手 ヘナーレ 選手 岡倫之 選手 が挑みます。

 

こちらは成績もでていて期待も高いヤングライオン2名にいまいちパッとしないヨシタツ選手

ですが、ヤングライオン2名はいいとして、ヨシタツ選手これではホントに埋もれてしまします。

WWEで戦った輝かしい実績が泣きますね。

 

永田 選手とのエルボーの打ち合いも途中でヘラヘラしていてはダメです。

気迫をもっと出していかないと正直、2名のヤングライオンの方がうえです。

なんとか再浮上してほしいと思います。

 

第3試合 ウィル・オスプレイ ◯ オスカッター ☓ タイガーマスク

大阪でブリティッシュヘビーを戦う二人とリビングレジェンドと曲者コンビが組んで戦います。

この試合はもう前哨戦としての意味合いのみでした。

 

ウィル・オスプレイ 選手のグランドテクニックの凄さと相変わらず、どんな身体能力してるんだ??

と思わせるような無重力殺法を思う存分見せつけてあっさり終わります。


それでも、柴田勝頼 選手 と相性は良いのはわかります。

大阪大会へ向けて視界良好なオスプレイ選手

いまだ、傷が癒えない 柴田勝頼 選手

 

楽しみです!

 

第4試合 YOSHI-HASHI ◯ カルマ ☓ 飯塚高史

入場シーンがすべての試合です。

以上終了


と、いうわけにはいかないですね(笑

 

飯塚高史 選手は若手の頃から、見た目もうつくしい肉体の持ち主でしたが

イメチェン後もそのバランスの取れた肉体はさすがですね。

YOSHI-HASHI 選手のたるんだ肉体とはエライ違いです。

 

終始、反則攻撃に苦労しましたが、それでもノリにノッている

YOSHI-HASHI 選手の必殺 カルマで万全の勝利です。

同門ですが NEVER に名乗りを上げてもいいんじゃないでしょうか?

 

 

第5試合 ドラゴン・リー ◯ デスヌカドーラ ☓ BUSHI

3つの選手権前哨戦になります。

まずはNEVER6人タッグ選手権対決

タグチジャパン vs L・I・J  もう、おちょくりまくりのタグチジャパンです。どうなるのこれ(笑


つづいて IWGPインターコンチネンタル選手権

内藤哲也 選手 vs マイケル・エルガン 選手 です。

内藤選手はほとんどいいとこないでした。ここは挑戦者を立てているのかもしれません。

それにしてもマイケル・エルガン選手がパワーだけではないというのは新発見でした。

器用なパワーファイターは非常にやっかいなので内藤選手あぶないかもしれませんね。


(※ノせられてケツ!w)
最後はわたしが一番楽しみにしている

IWGP Jr ヘビー級選手権

高橋ヒロム 選手 vs ドラゴン・リー 選手 です!

CMLLでずーっと対戦していただけあって、もう息ピッタリですね。

 

この二人が出てくると試合のギアが2つも3つも上がります!


観ているこっちのテンションも同時に上がります!!

 

これです!このスピード感!これこそ新日本プロレスジュニアです!

 

早く観たくてたまりませんね!

欲を言えばここにBUSHI 選手 も遠慮なく割り込んでほしいと思います。

もちろん試合介入以外の方法でね!

 

第6試合 バレッタ ◯ ストロングゼロ ☓ TAKAみちのく

鈴木軍タイチ選手 &TAKAみちのく 選手 の巧みなインサイドワークに

散々ほんろうされまくるROPPONGI VICEです。


ホントうまいですわ

 

こういう試合の展開もまた、新日本プロレスの懐の深さです。

そして、それをキチンと体現してみせるタカタイチもまた実力者ですね。

 

最後はようやく持ち味を発揮できたROPPONGI VICEの勝利です。

 

試合後に 金丸義信 選手 と エル・デスペラード 選手が挑戦を表明しました。

こちらの対戦も興味があります。

ROPPONGI VICE の受難はしばらく続きそうです。

 

第7試合 後藤洋央紀 ◯ GTR ☓ ジュース・ロビンソン

※こちらの記事でじっくり思い出してください。

 

第8試合 矢野通 ◯ 横入り式エビ固め ☓ 真壁刀義

以前にも書いたと思いますが、3WAYはキライです。

 

ベルトの掛かった試合で、だれも納得しない勝敗ですよねこれ。

勝っても負けてもぜんぜん爽快感がありません。

 


そんななか、この形式をうまく利用した 矢野通 選手がキッチリとベルト防衛していきました。

大阪でも同じカードで3WAYなんですが・・・ちょっと考え直して欲しいですね。

IWGP タッグのベルトが泣いてるんじゃないかと思います。

 

第9試合 オカダ・カズチカ ◯ レインメーカー ☓ 鈴木みのる

※こちらの記事でじっくり思い出してください。

 

試合後のコメントでは明暗をわk・・・るかとおもいましたが、鈴木みのる 選手は

また不気味なコメントをのこしていきました。

まだまだシリーズは続きますから、どこで何があるかわかりませんね!

 


それでは!

<PR>

ブログの最新情報とプロレスにおける人生論や雑学などを毎日お届けします!

メールマガジン「プロレス・スピリッツ!

登録はこちらから!!⇒ ⇒<<登録>>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*