【トレーニング】プロレスラーになるということ【決意】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日、新日本プロレスの 小島聡 選手のTwitterへこんな質問がきたそうです。

あー・・・そりゃそうだよなぁ って思ってしまいました。

小島選手がフォローしてたけど「自分でさんざん考えた上でプロに聞こう!」となったのならそれは正しいわけですが、それがみられなかったようです。

まぁ中学生ですから、未熟なのは仕方ないです。

そんな彼を含め目指している人たちに小島選手はこう返して締めました。

私は中学時代スクワット1,000回、腕立て200回 毎日やってました。

バーベルセットを購入後はそこにベンチプレスやカールなどの運動が加わりました。

さらには家の前にある電柱に柔道の道着を巻きつけて殴る蹴る

帯を引っ張って引く力をつける

 

などなどを「自分でやり方を必死に探して」やってました。

当時はネット環境も無く、情報源はテレビか本だけです。

ビデオが手に入ったのは高校に入ってからだったかな?

 

藤原喜明 選手の 「関節技」のVHSはそれこそすり切れそうになるまでみました。

 

そんなんでも、新日本プロレスの入門テストを受けるところまでは行けるんです。

必要なのは

 

「本気の意志 と 諦めない心」

 

なんですよ。

正直、わたしレベルの意志でも弱かったわけです。

本気のホンキなら オカダ・カズチカ選手 のように単身メキシコに飛んでますよね。

 

当時のわたしにはそこまでの勇気がなかったので、プロにはなれなかったんです。

この中学生には、ホンキならしっかりとガンバって欲しいかな?と思います。

あ、そうそう基礎トレだけしっかりできていれば、卒業後に上京して、アニマル浜口ジムに入門するのをオススメます。

おそらくいちばんの近道だと思います。

 

ただ、東京は誘惑が多いのでそれに負けない鉄の意志は必要になりますよ。

 

最後にわたしがやってたトレーニングをかんたんに並べておきます。

 

トランプ腕立て&スクワット(めくったトランプの赤なら腕立て、黒ならスクワットとします 数x10回です)

ランニング30分~1時間(そこまで必死でなくて大丈夫です。準備運動とクールダウンに使います)

ロープ引き(丈夫なロープや柔道の帯などを折れない柱などに巻きつけて引っ張ります。)

クビの運動(ブリッジ前・後・三点倒立)

器具があればベンチプレスなど、なくても問題ないです。

 

基本はこのくらいかな?

しっかりと「」を鍛えることと「スタミナ」をつけること

まずはこれさえ出来れば、あとはなんとでもなります。

 

ホンキのアナタ!しっかりがんばって!!

 

それでは

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ハヤト より:

    トレーニングは夜でもオッケーですか。

    1. 矢後 至譜 より:

      夜でも大丈夫ですよ。
      わたしも学校から帰って夜寝る前までやってました。
      だた、夜中はあんまりオススメしませんね。
      身体が超回復する時間なので避けたほうが良いと思います。

  2. ハヤト より:

    スクワットと腕立て伏せ

    1. 矢後 至譜 より:

      どっちがいいか?でしょうか(笑
      時間が取れるのなら毎日両方やる方がいいですよ。
      ただ、どっちも結構時間を使いますから交代でやるのもいいと思います。

      月曜日:腕立て
      火曜日:スクワット
      水曜日:腹筋+背筋
      木曜日:腕立て
      金曜日:スクワット
      土曜日、日曜日が休みならここでガッツリやるのも手ですよ。

      最初の1週間はキツイけど2週間目から身体が慣れてくるからがんばって!

コメントを残す

*