【新日本プロレス】G1 CLIMAX 27 岐阜・岐阜産業会館 7/30 速報版【ワールド】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

G1CLIMAX27 Bブロック折り返し地点です!
しっかりと見ていきましょう。とか、言いながら16:30開始を忘れていたわけですが(苦笑

第5試合まで見逃しました!あとでアーカイブチェックして加筆します!

 

7/30 岐阜・岐阜産業会館

第1試合 デビッド・フィンレー・北村克哉・八木哲大× vs バットラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ◯&高橋裕二郎 

 

第2試合 真壁刀義&海野翔太× vs ザック・セイバーJr&エル・デスペラード◯ 

 

第3試合 永田裕志&岡倫之× vs 石井智宏&YOSHI-HASHI◯ 

 

第4試合 棚橋弘至&田口隆祐◯ vs 飯伏幸太&川人拓来× 

 

第5試合 後藤洋央紀&外道× vs 内藤哲也&高橋ヒロム◯ 

 

第6試合 Bブロック EVIL(3勝1敗)◯ vs 矢野通(1勝3敗)× 

EVIL選手が矢野通選手の”矢野マジック”にハマるかどうか?が焦点でした。
結局、DVD宣伝もさせないまま、矢野通選手はほとんどなにもすることが無いまま EVIL選手の勝利になりましたね。
あえてこの試合の見どころを言えば、矢野通選手の金的をレフェリーが初めて止めたことくらいです。

 

第7試合 Bブロック 鈴木みのる(2勝2敗)◯ vs タマ・トンガ(2勝2敗)× 

入場時からもうめちゃくちゃな試合になりましたね、もうゴングが鳴る前から大乱戦です。
場外戦がずっと続く異様な公式戦でしたが、タマ・トンガ選手のラフファイトがこれまには見られなかったレベルで激しかったです。

正直、勝敗度外視なのか?と思うくらいでした。
【新日本プロレス】G1 CLIMAX 27 7/22 後楽園ホール 速報版【ワールド】のケニー・オメガ戦以降、まだまだモヤモヤしたものが胸にあるように思えてなりません。
最終的には 鈴木みのる選手の勝利になりました。

 

第8試合 Bブロック マイケル・エルガン(2勝2敗)× vs SANADA(2勝2敗)◯ 

初対決特有の探り合いから開始した試合です。
やっぱり マイケル・エルガン選手も SANADA選手も試合ウマいし身体能力が高いですよね。
試合序盤で SANADA選手が肩を痛めたような素振りをしててちょっと心配です。

しかしここでマイケル・エルガン選手に勝ったのはデカいですね。

 

第9試合 Bブロック 小島聡(0勝4敗)× vs ケニー・オメガ(3勝1敗)◯ 

正直、ケニー・オメガ選手の負ける要素が見当たりません。
これだけコンディションのいい 小島聡選手ですら勝つイメージが全く浮かばないんですよね。
もう相手が悪すぎましたとしか言いようがありません。

終盤、CCDまで出した小島聡選手の猛攻を振り切り ケニー・オメガ選手が勝利しました。
やっぱり強い!

 

第10試合 Bブロック ジュース・ロビンソン(1勝3敗)× vs オカダ・カズチカ(4勝)◯ 

メインで当たるIWGPヘビー級王者 オカダ・カズチカ選手との初シングルマッチなのに・・・
悔やまれるのはその左膝の負傷です。
もちろん 100%の状態でも今の オカダ・カズチカ選手には勝てるとは思いません。

思いませんけど、やっぱり万全の状態でチャレンジしてほしかった!
いや、させたかった!と心から思います。

最後にオカダ・カズチカ選手に最後に「あえて言ってやる!IWGPは遠いぞ!」とまで言わせた程、ジュース・ロビンソン選手への期待感を持たれていただけにほんとに悔しい!
CHAOS入りとか・・・ないか。

 

7/30 岐阜・岐阜産業会館 試合後の星取表です。

 

本当にだれが止めるんだろね?

 

無料プレゼント!           

 

LINE@への登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*