【新日本プロレス】KIZUNA ROAD 2017 6/22、23試合の感想 【試合結果だけね】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

KIZUNA ROAD 2017 6/22~23
の、ちょっとした感想ですよ
ディレイ配信は無理なのかなぁ

矢後です

やっぱ観たいよね!

さて、動いてる図が見られないので
結果を見た感じの話になりますよ
では、いきましょう

KIZUNA ROAD 2017

ヤングライオンの扱い     

かなりいい加減な扱いになっています
折角、いい感じで人気も出てきているのに
ノーテレビマッチとはいえ、これはないです

なにがないかといえば

・2日続けて全く同じ対戦
・10分1本勝負という短い試合時間
・結果が時間切れ引き分け という内容です

実際に見ていないので、試合内容がどうだったかは分かりません
分かりませんから、結果だけをみての判断です
間違った判断になるかもしれませんので、遠慮ない意見が欲しい

実はこの時間切れ引き分けは、このシリーズ前にもありました
あの時の残念な感じは忘れていません
やっぱり、勝敗が付くからこそ見ている方もスッキリしますよね

【新日本プロレス ワールド】オカダ・カズチカvs ケニー・オメガ は伝説になった【DOMINION 大阪城ホール】で、伝説的な時間切れ引き分けがありました
ただ、これは60分です、この時間戦い抜いた上での引き分けと

10分しか戦えないで引き分けになるのでは
その満足度は雲泥の差じゃないかと思います
いい試合は時間じゃないって意見も聞こえてきそうです

もちろんそうですが、それはもっと経験を積んだ上での話です
ヤングライオンはできるだけ経験を積ませたいはずなんです
試合経験は 数と時間 でしか増えません

ならば、試合時間は長くしてやる必要が出てくるはずなんですね
もっともいきなり60分とか無制限なんかは無理です
そりゃ当たり前です

その時間、客席を飽きさせないだけの引き出しがないんです
そりゃ途中で飽きられるのは必至ですよね
ヤングライオン時代はその引き出しを創る期間でもあります

そしてある程度、国内で引き出しを作れたら、そのタイミングで
海外武者修行に送り出すわけです
引き出しができていれば、海外に行ってもある程度の試合ができます

その土台の上に海外の技術を上乗せして返ってくることになるんです
だから、一気に成長できるんですよね
その貴重な経験の場なのに与えられた時間がわずか 10分 です

10分で試合を作れという練習なんでしょうかね?
その辺りはわたしにもわかりません
聞いてみたいですね

知ってる人は是非教えて下さいね

最低でも15分から20分は与えるべきだとわたしは思っています

 

ベルトへの道・1          

まずは NEVER無差別級 ですね

いい感じで盛り上がってます
直接対決での決着はさせずに
お互いが勝利を奪うという理想的な展開になってます

オカダ・カズチカ選手がしっかりとサポートする体制を
非常にわかりやすくアピールしてくれていましたね

かたや鈴木軍は YOSHI-HASHI選手をあくまでも生贄とし
その先にいる オカダ・カズチカ選手が標的であるとの
意思表明がしっかりできていました

そして、その中に実は次の火種が仕込まれています
それは・・・

 

デイビーボーイ・スミス・ジュニア vs YOSHI-HASHI

です。

ノンタイトルの戦いになるのか、それとも
NEVER無差別級をめぐる戦いになるのかは
6/26 後楽園ホールでの YOSHI-HASHI選手の頑張り次第

と、いうことになりそうですね
今年の後半は YOSHI-HASHI選手の売り出しが
激しくなりそうな予感がします

 

ベルトへの道・2          

こちらは IWGPジュニアヘビー級 です

が!

そうなんですよ
KUSHIDA選手がいません
現在、ROH TV王座の防衛戦の収録に遠征中です

現地時間 6/23 に マーティ・スカル選手との
リマッチに挑んでいるようです

それで、帰国して多分翌日くらいにタイトルマッチ
って感じじゃないのかな?
BUSHI選手じゃありませんが

「調子に乗ってんじゃねぇぞ!」

って、やつですわ
なんかこういうの見ちゃうと、やっぱりベルトを
KUSHIDA選手に取らせるべきじゃなかったなぁ

と思ってしまいます
IWGPジュニアを盛り上げることができなかった男が
ROH TVのベルトと両取りなんて器用なことが、できるとは思えないんですよね

このリマッチでベルト落として帰ってきて
6/24 後楽園ホールで BUSHI選手に奪われるという
なんとも惨めな結末が見えてきてしまうんですけど大丈夫ですかね?

逆に BUSHI選手はここでベルトを奪えないとなると
本当にジュニア戦線から1歩も2歩も後退しかねません
なかなかもどかしい試合になりそうですねぇ

だれかの乱入決着で茶を濁す
ってことになるのかな?
誰が乱入してくるかって言われても思い浮かびませんけどね

ジェイ・ホワイト選手?来るなら試合終わってからだと思うし
小松、田中のTENPURA BOYZ はおそらくタッグ屋として戻すだろうし
川人拓来選手?うーーーーーん、まだ早いよねぇ

だとしたら、鈴木軍の誰かってことになるんだよなー
どうなるか、現場で確かめたいと思います!
あ、6/27 後楽園ホール参戦します!

 

まとめ                

ヤングライオンの扱いが謎
時間管理能力の練習なのか知りたいね

NEVER無差別級の因縁はいい感じで盛り上がってますね
その裏でつぎの因縁の火種が産まれそうでワクワクします

KUSHIDA選手と BUSHI選手のお互い調子に乗ってんじゃねーぞ対決
一番微妙な空気になりそうで不安だな
海外遠征組が凱旋するのか?鈴木軍の乱入があるのか?

焦点はそこかな?って感じ

で、6/27 は 後楽園で僕と握手!って感じです

それでは!


公式メールマガジンに登録いただいた方へ、

誰でも簡単に60分で5万円

を手に入れられる特典をプレゼント!

* メールアドレス

 

毎日20時 にメルマガをお送りします!

毎週月曜日に読者限定で音声コンテンツ

「プロレススピリッツ・ラジオ」

を配信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*