ついにきましたね
BEST OF THE SUPER Jr 決勝戦!!

矢後です

現地に行けないのが残念ですが
ワールドで観戦しますよ!
でも、こんな煽りPVが観たら行きたくなっちゃう(笑

前回の記事
【新日本プロレス ワールド】KUSHIDA選手激勝! 名古屋決戦!【BEST OF THE SUPER Jr】
でも、かきましたけど私は

ウィル・オスプレイ選手の連覇

これを望みます!
KUSHIDA選手には悪いけどもう少し地獄を味わってください
そして、誰もが納得する形で復活をとげてください

それくらい
【新日本プロレス ワールド】2017/04/09 SAKURA GENESIS 両国国技館 感想【試合結果】
での負け方が無様だったか
どれ程ジュニアファンの信頼を裏切ったのか

しっかりと受け止めてください

私は今回のような安易な復活は望みません
もし、優勝してしまうようなことがあれば
本気で KUSHIDA選手を嫌いになってしまうかもしれません

ぜひ、ウィル・オスプレイ選手には頑張っていただきたいと思います

試合結果の感想はまた夜中に公開しますね

それでは!!

 

PS

私事ではありますが、音声でのコンテンツを配信します

ただ、メルマガ読者限定になりますのでご了承ください

*メールアドレス

毎日20時 にメルマガをお送りします!

投稿者: 矢後 至譜

1969年生まれ 大分県出身 小学校のころに見たタイガーマスクvsダイナマイト・キッド戦に衝撃をうけプロレスラーを目指すことを決意、中学から高校まで柔道部で主将をつとめあげて社会にでるとき、周囲の反対を押し切り、新日本プロレス学校へ入学、一度挫折をあじわい故郷へ帰るが、熱いプロレスラーへの夢を抑えきれずに再び上京、アニマル浜口ジムの門を叩き本格的にプロレスラーへの道を歩む。 しかし、25歳で最後のチャンスにかけていた時、トラブルに巻き込まれ頬に7針を縫うケガを負いその後に控えていた新日本プロレスの入門テストを準備が不十分なまま受けることになり、あえなく不合格になる。 「25歳までにプロレスラーになれなければ、あきらめる」と両親と約束をしていたため、やむなくプロレスラーへの夢をあきらめる 現在は、再びサラリーマンをやりながら、熱くて、ワクワクさせてくれるプロレスを、その熱量全開で伝えることで、周りの人の人生も、もっといいものにしてくれるものであることを発信中!

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です