【新日本プロレス ワールド】KUSHIDA選手激勝! 名古屋決戦!【BEST OF THE SUPER Jr】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さぁ!大混戦の BEST OF THE SUPER Jr
そのBブロックを制するのは??

矢後です

いや、私じゃないですよ(笑
私は 金丸義信選手ではないか?と予想しました
この予想が当たるのか?

しっかりと見届けましたよー
今日は公式戦以外は無しでいきます
理由は最後に・・・

6/1 BEST OF THE SUPER Jr 名古屋大会

金丸義信【鈴木軍】 vs エル・デスペラード【鈴木軍】

先日の不穏な空気をそのままに始まりました
鈴木軍の同門対決です

正直いって、一番最初の試合順はナイスだと思いましたね

これによって他の試合結果を確認した上での
「譲り合い」
これが防げる形になりました

と、思ったんですけど

昨日のあの空気感ですよね
・・・まさか、試合後にエル・デスペラード選手が追放?!
そんな感じもありました

それにしても両サイドに鈴木軍だらけっていうのも新鮮でしたね
そして解説席には昨日ひどい目にあった獣神サンダー・ライガー選手です
なんかやるのかなぁとか別の期待をして見てました

試合中はなぁんか エル・デスペラード選手の動きがアヤシイ感じでした
いつも通りに巧みな試合運びは変わらずなんですけど
時折、ギクシャク感も出しならが終盤まで進みます

で、場外でのセコンド介入時に事件(?)が起きました

エル・デスペラード選手がなんと自分のセコンドに付いていた
TAKAみちのく選手もろともイス攻撃を行いました!
・・・これはちょっとヤバいんじゃないか?

そんな感じで見てましたが試合が終わればノーサイド
なんだか鈴木軍らしからぬ、さわやかな終戦でしたね
試合は 金丸義信選手が勝ち抜けました

ちなみに試合後のTweetでエル・デスペラード選手がこんなことを呟きました

テンション上がりすぎて意識なかったんですかね?
そう簡単に鈴木軍の絆は壊れないってことなんでしょう

田口隆祐【タグチジャパン】 vs ACH【ROH】

陽気な試合になるだろうと明らかに予想できる組み合わせです(笑

予想通り試合前のグータッチに始まりケツの触りあいだのと
もう公式戦なのを忘れさせるような試合展開でした
お互いにケツアピールもやってましたね(笑

それでも、そこは試合巧者 田口隆祐選手です
相手が陽気に来るなら、こっちはハードに攻めてやるとばかりに
グラウンドでネチネチと攻めていきました

ACH選手のような筋肉質の選手にはこういう攻めが有効ですよね
なんか途中からはもう「タグチジャパン入団テスト」かのように
受けて立ってやるという余裕すら感じられました

ハイフライヤーの宿命で ACH選手も両膝が悪そうですね
まだまだ若そうなのにちょっとかわいそうな感じもします
ただ、これは三味線かもしれませんけどね

それを証拠に一足飛びでトップロープに飛び上がるとかいう
トンデモムーブをみせたりしました
ただこれはプロレスラー特有の一瞬だけガマンだったのかもしれません

最終的にはベテランの味をしっかりだした 返し技の応酬で
田口隆祐選手が勝利しました
そして直接対決に敗れている 金丸義信選手の脱落が決定しました

そういえば ACH選手を 北村克哉選手がお姫様抱っこして退場していく
この絵面がパターンになってましたね(笑

あと、なんとなくタグチジャパン入りしそうな予感もしました

BUSHI【LOS INGOBERNABLES de JAPON】 vs タイガーマスク【タグチジャパン?】

皮肉にもこの時点で敗退が決定している タイガーマスク選手と
勝てば勝ち抜けの可能性がある BUSHI選手の戦いとなりました

しかし BUSHI選手は本当にがんばってくれてますね
ずっと休むこと無く試合に出てくれているわけですよ
疲労はそうとう溜まっていると思います

そんな BUSHI選手の逆転勝ち抜けを阻止するのかどうか?
この辺りも気になるところでした、ここで BUSHI選手を倒しておけば
田口隆祐選手や KUSHIDA選手への援護になりますからね

それがわかっているのかどうかわかりませんが
タイガーマスク選手が短期決着を狙いにいきました
普段はスロースターターなところがあるんで意外でした

しかし前日までに痛めたヒザを集中攻撃することで
自分のペースを掴んだ BUSHI選手が中盤からは一方的に攻めます
もしかしたら、ヒザの具合が良くないからこその
短期決戦ねらいだったのかな?

こうなってしまうとベテランと言えども苦しい展開になります

だんだんと BUSHI選手に余裕が生まれてきてましたね
蹴りも受けてやってる感がありました
終盤の怒涛の攻めをしのいだのも大きかったですね

しかしコードブレイカー系の技が好きなんですね
イスを使ったコードブレイカーからの必殺MXで勝利しました
これによって 田口隆祐選手の勝ち抜けも無くなりました

しかし、まさか4連勝を決めるとは思っていなかったですね

ボラドール・ジュニア【CMLL】 vs KUSHIDA【タグチジャパン】

さて、泣いても笑ってもBブロック最終戦です

ここでKUSHIDA選手が敗れれば BUSHI選手の勝ち抜けになります
序盤に大不信だった両名に絞られるとは本当に思いませんでした

私としてはこの時点でかなりの落胆具合ではありました
その理由は後ほど

ボラドール・ジュニア選手は先ほどの タイガーマスク選手同様
すでに敗退が決定しているので、その気持ちは上がらないでしょう
それをわかっているかどうかを知るすべはありません

が、

CMLLのスペルエストレージャです
気分だけで雑な試合をするとは思えませんでした
そして、その期待を裏切らない素晴らしい戦いをみせてくれましたね

ルチャを知っている二人の戦いは必然的にリチャリブレになります
素早い攻防がみていて気持ちがいいですね
「噛み合う試合」というのは、本当に見ていて楽しいです

若干、KUSHIDA選手の方が必死にあわせてる感がありましたね
ここはCMLLの大御所への配慮なのかもしれません
ただ、それが出来ているということは余裕があるということです

場外攻撃の受け方はあんまり上手くないですけどね(笑

にしても、ボラドール・ジュニア選手は
”スカイウォーカー”の名に恥じない動きですね
なんて言ったら良いのかな?

同じハイフライヤーたちと違って、重みが感じられるんですね
多分、身体の大きさはそこまで大きい感じはしないんですけど
重みが伝わってきます、この辺りもさすがですよね

非常に「いい試合」をみせてもらいました
結果は御存知の通り KUSHIDA選手が勝利して勝ち抜けを決めました!


リーグ戦総評

これで代々木第二体育館での決勝戦は

ウィル・オスプレイ【CHAOS】 vs KUSHIDA【タグチジャパン】

となりました!

うーん・・・正直言って、私的には不満ですね
ROH TVチャンピオンになって帰ってきたとはいえ
タイトルマッチ2戦の内容があまりにも悪すぎた

それなのにこの安易な復活劇はちょっとね

それと実は開幕前からこんな声が聞こえていました

「Bブロックは KUSHIDA選手のためのブロックだ」

私はそんなことは無いとおもったので、あえて 金丸義信選手を推しました
しかし結果はその前評判の通りになってしまいました
KUSHIDA選手の復活劇は見事に完成しました

正直言って、この後の代々木第二体育館での決勝戦ですが
KUSHIDA選手が勝ってしまえばジュニアはまた人気が落ちるでしょう
これは KUSHIDA選手が悪いとか言うわけではありません

あの
【新日本プロレス ワールド】2017/04/09 SAKURA GENESIS 両国国技館 感想【試合結果】
で伝えたIWGPジュニアへのリマッチが無意味だったと言うことです

あれが無ければ、今回のBブロック優勝は諸手を挙げて喜んだところです
そう・・・あの無様な試合さえ無ければ・・・
あそこであの試合をマッチングしたのは誰なんですかね?

本当に腹立たしいことこの上ないです
KUSHIDA選手の復活を腹の底から祝えない
ジュニアの未来を思う気持ちが分かるだけに!

あー悔しい!!

これで KUSHIDA選手が優勝してIWGPジュニアに再挑戦して本当に喜べますかね?
わたしはワクワク感が微塵もわき上がってきません
ウィル・オスプレイ選手が勝ち抜けば話は別なんでしょうけどね

てことで、優勝戦はやっぱり ウィル・オスプレイ選手の連覇を予想しておきます!

今日ブログで公式戦のみに絞ったのは理由があります
これは試合後の KUSHIDA選手のコメントにもあったように

「ジュニアではメインを張れない」

ということへ抗議の意味を込めました

私程度のブログでそんなことやっても今は影響力はありません
でも、ジュニアヘビー級の良さをもっともっと沢山の人に知ってほしい
理解してほしい、そんな思いを今回のシリーズでは改めて感じました

KUSHIDA選手はずっとひとりで戦ってきました

今は 高橋ヒロム選手をはじめ素晴らしいジュニア戦士が揃いました
そして今は 年に1度の祭典でしかない BEST OF THE SUPER Jr ですが
来年以降、年に2度、3度と増えていってほしいと思います

それでは

 

*メールアドレス

毎日20時 にメルマガをお送りします!

メールマガジンを発行しています。

 

 

 

*メールアドレス

毎日20時 にメルマガをお送りします!


公式メールマガジン

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*