【週刊プロレス】今週の気になる記事【No.1902】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今週号は レスリング豊の国2017 直後の号ですね
多団体でも大きな大会があったあとになってます

が、

基本的に「新日本プロレス」しか目に入らないのでご了承ください
ていうか、見てもいないのに安易に意見は言えないってのが私のスタンスです
だから記事として気になれば取り上げますが、頻度は低いとおもいますよ

と予防線をいちおう張ってみたりしてます

矢後です

制御不能かもしれませんね(笑

 

個人ブログなんでその辺は偏見丸出しでもしょうがないよね
意見があれば全部聞きますからコメントなりメールなりください
それを晒すとかけなすとかは一切ありませんのでね

 

 

 

今週の気になる記事

新日本プロレス レスリング豊の国2017 関連記事【13P~28P】

もうこれは、避けて通れない記事たちです

内藤哲也 vs ジュース・ロビンソン のIWGPインターコンチネンタル選手権試合
その直後の棚橋弘至 選手の挑戦表明
棚橋弘至 vs EVIL のスペシャルマッチ
高橋ヒロム vs リコシェ のIWGPジュニアヘビー級選手権試合
後藤洋央紀 vs 鈴木みのる のNEVER無差別級選手権試合
タイチ&金丸義信 組 vs ROPPONGI VICE のIWGPジュニアタッグ選手権試合

この試合たちはレスリングどんたく2017 そしてその後のBEST OF SUPER Jr、大阪城ホールまでのストーリーの伏線となっていきます
色んな意見がでてきた挑戦表明の件は来週号にきっと載るでしょうから、それを待ちます
今号ではおよそ「肯定的」な書き方をされていました

私は内藤哲也 選手も 棚橋弘至 選手も好きですし応援しています
許して下さいね、節操が無いんですよ(笑
てか、一生懸命さを感じさせる選手はだいたい好きです

なので、負けても負けても這い上がるというシチュエーションは好きです
ということで、今回のリマッチは賛成派ということになります
反対派はなんで反対するのかな?まだ早いってこと?

じゃあ次の大阪城ホールは誰が挑戦すればよかったのかな?
大阪城ホールをわかせるほどの対戦相手はだれなのかな?
実は反対している人の意見にそこが全く出てきません

出てきても「?」が付くような名前です

これではリマッチに反対するのは正直いってお門違いというしかありません
「この選手ならふさわしい!」って言える選手を提案できてこその反対意見です
ただ、自分が気に食わないから認めないってのは、わがままであり身勝手は暴言ですね

SNS上でも言われていましたが昭和の黄金期には同じ対戦はしょっちゅうやってました
それは「ファンが見たがっているから」に他なりません
長州力 vs 藤波辰爾 の名勝負数え唄 なんて毎回対戦するからこそこの名称が付きました

飽きられるまでやればいいんですよ、そうしなきゃ次から次へと新しい選手をあてがわなきゃいけません
ボクシングだってリマッチの応酬になるでしょ?同じです
あと、こんな言葉も流れてましたね

「同じ対戦でも同じ試合になるわけじゃないからその試合を楽しめばいいんだよ」

このスタンスは大事なんじゃないかな?とおもいます
もちろん、完全決着がついたのに・・・っていう気持ちもわからんではないんですよ
でもね、それでおしまい ってのはつまんなくないですか?

アニメや漫画でもバトル物は長続きしないというジンクスがあります
これは、対戦相手の強さが飽和してしまって辻褄があわなくなり続けられなくなるからです
人類最強が世界最強になり宇宙最強になった時点で終わるんですね。

そんな世界観をプロレスに持ち込むのはもったいないと思います

ただ、この常識を唯一くずした漫画があります

ドラゴンボール シリーズ です

これは同じ対戦相手を何度も戦います
違うのはこちら側(主人公)のスタンスです
元々の主人公は死んでしまって、なかなか前面にでて戦わず、メインで戦うのは子孫になっていくんです

これは面白い発想でした、これなら主人公側は毎回未熟なレベルからスタートするので
同じ敵を同じように利用し続けることができます
映画の方はそうは行かなくて飽和しちゃいましたけどね(笑

まぁそれをプロレスにそのまま活かせ!ってのは無理なんですけど
それでも応用は可能かなぁと思いますね

例えば、オカダ・カズチカ 選手は「絶対王者」と呼ばれるところまで来てしまいました

同世代最強の ケニー・オメガ 選手を下し、
昭和的なねちっこいファイトをする 鈴木みのる 選手を下し、
新日本プロレスのストロングスタイルを象徴するような 柴田勝頼 選手を下し、
現在では動けるレスラーの最重量級のバットラック・ファレ 選手をも下してしまいました

あと、誰をぶつければいいの?
申し訳ないけど他団体に釣り合う選手はいないと思ってます
では、自団体にいるのか?

いませんね

本来なら 後藤洋央紀 選手、SANADA 選手、EVIL 選手、ヨシタツ選手、YOSHI-HASHI 選手 あたりが
そこまで成長していなればいけない世代なんですよ
ところが、シングルのベルトを保持した経験があるのは 後藤洋央紀 選手のみです

本来ならば NEVER無差別級→IWGPインターコンチネンタル→IWGPヘビー
と向かうのが正しいストーリーです
新日本プロレスがいくら3大王座と言っても、この序列は覆ることはありません

新日本プロレスとしてもNEVERを保持した後藤洋央紀 選手に期待をかけていたんではないか?
と、私は予想しています、しかし、当の後藤洋央紀 選手はドームで戴冠したのちも、自分から動こうとはしません
これでは宝の持ち腐れですから、今回の対戦で鈴木みのる 選手が奪ってしまいました

奪われたことでようやく火がついたんですが、遅いですよね
これでIWGPヘビーへの道が数歩遠のきました
逆に鈴木みのる 選手はこれを足がかりにインターコンチ、そしてIWGPヘビー再挑戦へと駒を進めるでしょう

鈴木軍にはヘビー級の選手が少ないのでインターコンチネンタルは素通りかもしれませんね
そのインターコンチネンタル王座ですら。棚橋弘至 選手を起用するしかないくらいに対戦相手に事欠いています
昨年からのYOSHI-HASHI 選手の持ち上げ方からして、次期挑戦者として育てていたのかもしれませんが、残念ながら間に合いませんでした

ちょっと私も期待してたんですけどね

一時期、内藤哲也 選手自身が「同じユニット内から挑戦者がでてもいいんだよ」的な発言をしていたことがあります
だからといって、SANADA 選手、EVIL 選手が挑戦できるか?といえば難しいものがあります
そうなるとユニットの意味がそもそも無くなってしまいかねません

ファンとしては見てみたいんですけど、これは諸刃の剣かなぁと思っています
オカダ・カズチカ vs 内藤哲也 レベルの禁じ手かもしれませんね
あー、でも見てみたい!

あと、この一連の記事の中で気になったのは高橋ヒロム 選手のコメントですね
リング上で言わなかったんで、あんまり取り上げられなかったのがちょっと悔しいところです
その辺はレスリングどんたくのオカダ・カズチカ 選手が代わりに言ってくれました

やっぱり危険技というものについての言及ではあるんですけど、安全な技ってのは本来ないですから
危険だ!と判断するのは見てる側の主観でしかありません
こんなもんはプロレスラーになったことがある人以外はわかるはずがないんですね

こういうバンプをしてるから安全だ、危険だ
この選手の広背筋は発達してるから大丈夫、してないから危険だ
ナンセンスです

私も一応はプロレスラーを目指していたことがある人間です
それでも本物のプロレスラーがどこまで受け身をきちんと取っているのか?
そこまでは正直わかりません

ただ、実際に道場で選手たちがどんなに受け身の練習をしていたかは知っています

見ている側に「あれは危険だ!」と思わせるくらいに受け身がうまいのかもしれない
その逆もしかり、前にも書きましたが「1メートルは一命取る」です
どんなに完璧な受け身を取ったところで、ボディスラムやフライングメイヤーですら殺人技になります

かつて、スタン・ハンセン さんの首折り事件が実はボディスラムだったってのは有名な話ですよね?
そんなもんです、我々見る側にわからないレベルで高度な受け身を取っているのがレスラーです
信じてあげましょう、そしておもいっきり楽しんであげましょうよ
それが命がけでプロレスを見せてくれている選手への最大の賛辞だと思いますよ

ただ、願わくはこれ以上、ファンを心配させるような「事故」は起きないでほしいと本心から思います

さて、最後は獣神サンダー・ライガー 選手のBEST OF SUPER Jr 卒業宣言ですね

これは「遅すぎる」くらいだと思っていました
一体どこまでレジェンドに頼っているのか・・・
そんな気持ちすらあります

これは昨年のシリーズ後に同様のコメントを発した時点で 獣神サンダー・ライガー 選手自身が気づいていたんでしょう
それでもエントリーされてしまったので、再度コメントを出したというのが本心ではないかと思います

これで終わってしまうわけではないので、これからは後進の指導をしながらレジェンドとして活躍していってほしいと思います

それにしても今年もヤングライオン枠がないのが残念ですねー
白星配給係になったとしても、大きく成長を促せるチャンスだと思ったんですけどね
川人拓来 選手はデビュー1年だしチャンス与えてほしかったなぁ

さて、最後にちょっと毛色の違う話題

三又又三は敵なのか?それとも味方なのか?【86P】

なんでもゼロワンのGMにしろとか要求したようですね
必ず満席にしてやると豪語したとか

私の見解です

「やらせてやればいいじゃない」

ですね
正直言って正論な部分が多く(観客未発表はおかしいなど)これを覆せるほどの材料がないのが、現在のゼロワンなんでしょうね
台所事情なんて私にはわかりません

それでも、故・橋本真也 さんが志をもって立ち上げた団体です
なんとかなるなら藁をもつかめばいいと思います
TPG(たけしプロレス軍団)の名前を出したのはオールドファンとしては胸糞悪いですけどね

まずはやらせてみる
駄目なら全責任を負ってもらえばいいんじゃないですかね?
そのくらいの器量は見せてほしいかなと思います

正直言って、このレベルの芸人よりも人を集められないのが現状だと思いますからね
事実、この騒動だけで東京スポーツはしっかりと取り上げてくれてました
芸能人ってのはこういう強みがあるんで「利用できるなら利用する」これは大事だと思います

ただ、吉本興業なんぞに乗っ取られるような間抜けなことだけはしないでほしいと思います

かなり毒吐きでしたが今回の気になる記事の感想です
あなたはどう感じましたか?
賛同、批判大いに結構!いろんな意見があって当たり前です
ぜひ聞かせていただきたいと思います

それでは!

*メールアドレス

 毎日20時 にメルマガをお送りします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールマガジンを発行しています。

 

 

 

*メールアドレス

毎日20時 にメルマガをお送りします!


公式メールマガジン

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*